見附に住む~新築住宅取得補助・中古住宅取得補助制度

>

sumau

 

住まい取得をバックアップする3つの支援策

 

1.新築・建売住宅の取得を補助します

 

imasia_12624863_L見附市では、定住人口の増加、健幸住宅の建設促進を目的として、見附市外からの転入者及び見附市に転入して2年以内の人で見附市内に新築住宅または建売住宅を取得される人に補助をおこなっています。

  • 対象住宅
    自己の居住の用に供し、生活するために必要な居室、台所、トイレ、浴室、玄関及び収納設備を有する延べ床面積が75平方メートル以上の一戸建ての新築住宅または建売住宅。
    新築住宅…新たに建築された住宅で、居住の用に供したことのないもの
    建売住宅…販売を目的として新たに建築された住宅で、居住の用に供したことのないもの
  • 補助金額
    上限50万円
    ※ただし、住宅取得に要した費用が50万円未満の場合は、住宅取得に要した費用の額を限度とする(千円未満切捨て)
  • 補助対象者
    本市に新築住宅又は建売住宅を取得する転入者(※1)で下記の要件を満たす人
    1.過去にこの補助金の交付を受けたことがない人
    2.転入前の住所地における市区町村税の滞納がない人
    3.本市に定住する意思を有する人
    4.見附市定住促進・健幸住宅取得判定基準(※2)を満たす住宅を取得する人※1 転入者
    次のすべてに該当する人
    1.定住の意思をもって本市に転入した方又は転入を予定している人
    2.本市に転入した日又は転入を予定している日を起算日として、転入前2年の間に本市に住所を有していない人
    3.転入日から2年を経過していない人※2 見附市定住促進・健幸住宅取得判定基準
    見附市定住促進・健幸住宅取得判定基準とは、一定の環境性能を備える健幸住宅の普及を目的として、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構が作成した「建築環境総合性能評価システム(CASBEE)戸建(新築)」を参考に市が設定した基準です。
    この基準における評価項目は、全体で33項目、このうち15項目を重点項目として設定しています。評価項目ごとに市が設定した評価基準を満たし、その合計が全体で15項目以上、かつ、重点項目10項目以上クリアした住宅が補助対象となります。
    評価基準は「CASBEE戸建(新築)評価マニュアル(2014年版)」の評価レベルを用いて判定します。
  • 受付期間
    平成28年4月1日(金)~平成29年3月31日(金)
    ※先着順に受付し、予算に達した時点で受付を終了します。
    ※新築は請負契約前、建売は売買契約前に申請してください。
    ※原則、実績報告書は平成29年3月31日(金)までに提出してください。
  • 申込み方法
    申請書に必要事項を記入し、必要書類を添付のうえ、市役所2階建設課に提出してください。
    詳しくは建設課都市計画係にお問い合わせください。

 

 

2.中古住宅の取得を補助します

住替え促進、定住人口の増加を目的として、見附市内・見附市外の人で見附市内に中古住宅を取得される人に補助します。

  • 対象住宅
    自己の居住の用に供し、生活するために必要な居室、台所、トイレ、浴室、玄関及び収納設備を有する延べ床面積が75平方メートル以上の一戸建ての中古住宅。
    ※中古住宅…過去に居住の用に供されたことのあるもの
  • 補助額
    上限30万円
    ※ただし、住宅取得に要した費用が30万円未満の場合は、住宅取得に要した費用の額を限度とする(千円未満切捨て)。
  • 補助対象者
    本市に中古住宅を取得する人で下記の要件を満たす人
    1.過去のこの補助金の交付を受けたことがない人
    2.市税の滞納がない人(転入者の場合は転入前の住所地における市区町村税の滞納がない人)
    3.本市に定住する意思を有する人
  • 受付期間
    平成28年4月1日(金)~平成29年3月31日(金)
    ※先着順に受付し、予算に達した時点で受付を終了します。

    ※売買契約前に申請してください。
    ※原則、実績報告書は平成29年3月31日(金)までに提出してください。
  • 申込み方法
    申請書に必要事項を記入し、必要書類を添付のうえ、市役所2階建設課に提出してください。
    詳しくは建設課都市計画係にお問い合わせください。

 

 

 

3.空き家情報を配信しています!

 

stockfoto_80054768_S

空き家バンク制度は、見附市内に存在する空き家の有効活用を通じて、見附市への定住促進による地域の活性化を図るものです。市内の使用されていない住宅を所有者の方から登録していただき、物件の購入・賃借を希望する方に空き家情報を提供します。

※見附市は空き家情報の提供を行うものであって、空き家の仲介については市内宅建業者が行います。
※契約の際は、宅地建物取引業者に対する仲介手数料が必要になります。
※見附市は空き家に関する交渉、契約には直接関与しません。

bukken

 

暮らし・子育て・住まい・仕事のことなど何でもお気軽にご相談ください!



関連リンク