世代別~見附の嬉しい楽しいポイント!

>

暮らす様々な世代の方に【嬉しい・楽しいポイント】がたくさんあるまち。

見附市は、皆さんに「健康で幸せに、豊かに暮らしてもらいたい」。

そんな想いの詰まった様々な取組みを実施しています。

       

地域全体で子育てを応援してくれるから「嬉しい!」

 

外出時のおむつ換え・授乳に困りません!

●赤ちゃんの駅 外出先での授乳やおむつ替えのために気軽に立ち寄れる施設が民間・公共施設含めておよそ30あります。子どもを連れての外出も安心!(施設詳細はこちら)  

子育ての達人が、ママが抱えるお悩みの相談にのってくれます!

●子育てマイスター 地域の子育て達人として子育てを応援したいという思いを持つ方が、今の子育て世代・子どもたちの現状を知って相談を受けるなど子育てを応援しています。心強い応援団です!(子育てマイスター制度詳細はこちら)  

子育て世帯の生活を応援!

●子育て応援カード 子どもが2人以上いる方に子育て応援カードを交付し、スーパーや飲食店など多くの店で割引などの特典が受けられます。公・民問わず100以上もの施設が協賛して、地域全体で子育て家庭を応援!(子育て応援カードの詳細・申請方法はこちら)    

 

地域全体が総がかりで子どもたちの教育を応援するから、 「嬉しい・楽しい!」

地域が一丸となって豊かな教育を実現。

地域で学校の課題や方針などを共有し、地域の人も学校教育に積極的に関わる制度「コミュニティ・スクール」に市内の全学校が取り組んでいます。地域が一丸となり取り組むことで、質の高い、豊かな教育環境を実現しています。  

夏休みのお楽しみ!わくわく体験塾を開催! ご家庭では体験できないような、子どもたちが喜ぶ体験を実施。

わくわく体験塾とは、夏休みの期間を利用して子どもたちにわくわくするような体験をしてもらおうと、学校だけでなく、地域の方も講座を開いてさまざまな楽しい体験を提供する取組みです。毎年延べ人数で3,000人以上の子どもたちが様々な講座に参加。化学教室やお菓子づくり、企業の見学など、普段の家や学校ではなかなかできないような楽しい講座がたくさんあります。  

いろいろな人と関わりながら、心豊かに育つ環境を。

保護者、学校、地域全体が教育に関わる「総がかり」の教育を推進。いろいろな人と関わりながら学べることは、子どもたちにも嬉しいポイント。子どもに関わる活躍の場が増えることは、地域の人々にとってもやりがいを感じる嬉しい・楽しい場となっています。地域と課題を共有して一緒に教育に取り組める学校にとっても様々なメリットがあり、子ども・保護者・地域・教育現場のみんなが喜ぶ仕組みを作っています。

 

特色ある高品質な教育で、みんな嬉しい!

楽しく・わかりやすく学べる環境を整備。

●ICTの活用 見附市では学校教育に電子黒板やタブレット端末を積極的に活用し、わかりやすい授業で楽しく学べます。

●生きる力を育てる、多種多様な「学び」の機会 子どもたちに身に付けてもらいたい先人の知恵や伝統文化などを盛り込んだ、全国的にも珍しい、市のオリジナル教材「みつけ塾」を教育委員会が作成し授業で活用。子どもたちの「生きる力」を育てています。また、市内の全学校が、環境、エネルギー、防災教育、食育など「持続可能な開発のための教育」に力を入れて取り組んでいて国の「ユネスコスクール」に認定(全学校認定は県内最初)・・・などの様々な学びの場を用意しています。  

●高いレベルの学力・体力 上述のような取組を進め、学力、体力ともに国や県の平均を上回るレベルを維持しています。公立の教育環境で特色ある質の高い学びの場を整備しているので、パパ・ママはもちろんのこと、子どもたち自身にも嬉しい・楽しい環境です。    
 
 
   

就職が安心で、嬉しい!

  ●幅広い働く場 見附テクノガーデンシティを始め、市内にも就職先があるほか、交通利便性が良い長岡市や三条市も通勤圏。働く場もたくさんあって、安心で嬉しい!

 

生活や遊びに便利で嬉しい&楽しい!!

毎日の生活が便利で安心。

●買い物に便利な環境です! スーパー、ドラッグストア、コンビニが複数あり、日常の買い物は市内で充足。国道8号線や中之島見附ICが近く、近隣市や新潟市中心街の大型ショッピングセンターへもアクセス良好です。

●海や山へのレジャーも行きやすい! 国道8号線や中之島見附ICが近く、海や山などへのレジャーにも行きやすい。また、市内のパティオにいがたや大平森林公園ではバーベキューもでき、自然のなかでの遊びも気軽にできる。  

●マイホームが持ちやすい! 近隣市と比較して土地の価格が安めなうえ、新規分譲地や住宅地も増えています。マイホームが持ちやすく、安心で嬉しい環境です!

 

   

健康で幸せに暮らせるまちで、嬉しい・楽しい!

 

見附市は日本一、体も心も健康なまちを目指しています。

●健康施策が充実 日本一健康なまちを目指し、住んでいるだけで健康になれるまちづくりに10年以上前から取り組んでいます。安価な値段で運動設備を使用できる健康運動教室や、歩きやすい環境整備など「体の健康」を考えるだけでなく、「幸せや生きがい」などの心の健康にも重点を置いています。

●仲間づくりの場があるから、楽しい毎日に! 年齢を重ねても楽しく、生きがいをもって暮らしてもらうため、市民団体「悠々ライフ」が、リタイアした人が楽しめる行事や活動を年間およそ300事業も企画ししています。1年間に延べ6,000人もの人が参加。仲間づくりや生きがいづくりにつながって、楽しい毎日をお過ごしいただけます。(悠々ライフの詳細はこちら)  

●幸せにイキイキ暮らすきっかけを。~マイライフノート 改めて自分の人生を見つめ直し、幸せに生き生きと暮らすきっかけとしてもらうために全国的にも珍しい「マイライフノート」の作成・配布を行っています。「マイライフノート」には、自分のことや医療・財産などの現状、生活の目標などを書き込むことで自分の人生を振り返るきっかけとなるので、市民の方に好評をいただいています。(マイライフノートの詳細はこちら)    

 

安心して暮らせる環境を。

●安心な医療体制 市内に総合病院(市立病院)があるので、いざというときにも安心です。(市民病院ウェブサイト)  

 

●年を重ねても暮らしやすいまちづくり 見附市では健康なまちづくりの中核として、車に依存しない、歩いて暮らせるまちづくりに取り組み、コミュニティバスなどの公共交通を整備しています。さらに、町の中は平坦で、市内の買い物場所がまとまっており、公共交通機関を使って気軽に歩いて出かけられます。新潟の冬といえば降雪が心配でしょうが、雪下ろしは年に1~2回程度で済む程度の降雪量です。ご自身で雪下ろしが出来ない場合も、市のほうで雪下ろしのお手伝いの手配をすることができますので、安心して暮らせる環境が整っています。  

 

       

災害に強いまちづくりで安心!

  平成16年の新潟豪雨、中越大震災、平成23年の新潟福島豪雨など多くの災害を経験してきた見附市は、河川改修や田んぼダム、小・中学校の耐震化などの災害対策に早くから取り組んできました。
いつどこで起きるかわからない災害に対して「減災」の視点を取り入れながら的確に対策をしています。その取組みは、防災先進地として国内だけでなく国外からも視察されるほど。
みなさんに安心して暮らしていただけるように、見附市はこれからも「防災に強いまちづくり」に取組み続けます。

 

スマートウエルネスのまちづくり~健幸で嬉しい!

  人々が健康で、生きがいを持ち、安全安心で豊かな生活を送れる状態を「健幸(けんこう)=ウエルネス」と呼びます。
これまでも市民が健やかで幸せにとの願いを込めた「健幸」という理念のもと、市民、地域コミュニティ、事業者との協働により、自然と健康になれるハード整備や仕組みづくりなど、「住んでいるだけで健やかに幸せに暮らせるまち」の実現に向け着実に取組を進めてきました。
この、スマートウエルネスのまちづくりが、これからのモデルとして全国から注目を集めています。

     

地域のつながりが強いまちだから、嬉しい・楽しい・安心!

  人間関係が希薄化してきた現在、これまで隣近所で支え合い、助け合ってきた生活も変化しています。そんな中、少子高齢化や防犯・防災対策、環境問題など、個人や1つの町内だけでは解決できないような問題が増えてきました。
しかし、見附では町内会や青少年育成会など、地域のために活動している団体や個人の力をつなぎあわせ、地域一体となって地域をより良くしていく組織として「地域コミュニティ」を設立しました。
助け合い・支え合いで地域のみんなが安心して暮らせるだけでなく、地域の人が活躍する場としての機能もあります。安心な生活とともに、温かいご近所つきあいや人間関係を構築するなかで、「やりがい」を感じながら暮らせるまち。
見附は全ての世代が豊かに暮らせるようなまちづくりに取組み続けます。

暮らし・子育て・住まい・仕事のことなど何でもお気軽にご相談ください!



関連リンク