【2017年2月27日】200本のつるし雛に「きれい」 つり飾り展

>

170227topic

 ネーブルみつけでは、3月9日までつり飾り展が開催されています。市内で活動する4団体が製作した色とりどりのつり飾り、約200本が展示され、会場は「きれいだね」と声を掛けあう親子や夫婦で写真を撮る人など、大勢の人でにぎわっています。
 26日には、市内外6団体による手作り体験会が開かれました。今町ちくちくクラブは小さい雛飾りを使ったストラップ作りを開催。和気あいあいとした雰囲気で、訪れた人に作り方を教えていました。ストラップ作りに挑戦した人は、時折真剣な表情を見せながら、隣の人と作品を見せ合うなど、楽しんでいた様子でした。
 手まりづくりの体験に参加した土田幸枝さん(本町3)は、「来年成人式を迎える娘に帯飾りを作りたくて参加しました。コツをつかむまでは大変だけど、できあがっていく過程を見ることができるのはおもしろいですね」と満足そうでした。
 同日には、見附市国際交流協会による着付け体験も開催されました。以前から交流のあった長岡市内の大学に通う留学生が参加し、日本の着物文化に触れていました。会場に来ていた子どもにも着付けが行われ、留学生と一緒に写真をとるなどして交流を楽しんでいました。

By

暮らし・子育て・住まい・仕事のことなど何でもお気軽にご相談ください!



関連リンク