お問い合わせ
インタビュー

農家へのお嫁入りで、安心して共働きもできる環境に。

お子さんが2歳の時に、ご主人の実家へ引っ越し。 原さんご家族のしあわせみつけた移住物語。

奥様の原佑美さんは現在看護学校の先生として三条市で勤務。

ご主人の毅さんは、高校卒業後に群馬県に就職。奥様のご実家のある群馬県でお二人は出会い、2009年に結婚。

2014年に農業を営むご主人の実家へとUターンし、ご主人の実家への同居をはじめて1年余り。 「おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らせて、子どもにとっても私にとっても良い環境です。」と話してくれた、 原さんご家族の「見附でみつけたしあわせ物語」をお伝えします。

ご家族の構成・状況

ご主人:毅さん(30代)/見附市出身/会社員⇒見附へUターン後はご主人のお父様と一緒に自営の農業を 奥 様:佑美さん(30代)/群馬県出身/看護師⇒現在は看護学校講師 お子様:朱里ちゃん(3歳) 現在は、ご主人のご実家で、ご主人の父母、祖母との6人で暮らしている。

見附市へ来られた経緯を教えてください。

主人の実家が専業農家で稲作、養豚をやっているんですが、跡継ぎということもあり、いずれは実家へ入る予定でいました。

また、群馬では子どもを預けたりできる環境も無かったことから、「この機会に」ということで、主人の実家であるここ、見附へと引っ越しました。

これまで住んでいた群馬県(太田市)と、見附市の違いってどんなところがありますか? また、引越しの際に戸惑ったり、不安なことはありませんでしたか?

まずは、主人の家族との同居によって賑やかな毎日になったのが嬉しいですね!

お盆も主人の兄弟が帰省したりして、とても賑やかでした。

子どもにとっては良い環境ですし、私も安心して働けます。 群馬では住宅街に住んでいて、整備された公園などは確かに多くありましたが、見附では自然が程よく身近にあっていいですね!

現在住んでいる新潟地区では地区の婦人会などもあり、すんなり地域に打ち解けることができました。

不安な点というのはそんなには感じずに引っ越しました。

群馬と新潟はお隣ですし、新幹線ですぐ帰省できますしね。

群馬と見附の大きな違いといえば・・・ちょっと日照時間が少ないなぁなんていう部分でしょうか。

群馬といえば空っ風なので、冬は乾燥していますからね。

気候の違いはありますが、逆に新潟・見附の夏は群馬と違って快適ですし、道路の混雑も少ないので暮らしやすいと思います。

お子さんが2歳の時に見附市へお引越しされたわけですが、子育てする環境として見附市はいかがですか?

室内で安心して子どもを遊ばせる場所があるのはいいですよね!
子育て支援センターへは、よく通いました。
あと、転入時に紙おむつ用のゴミ袋を無料でいただいたんです。
これは、有難かったですし、見附って子育てに優しい町なんだなぁと思いました。
 
保育料に関しても群馬に居たときよりも安く、延長保育も利用させてもらっています。
待機児童も無いとのことで、私のように働くママにとっては助かりますよね。

子育て支援センターによく行かれたそうですが、その他に見附市内でお子さんと遊びに行く場所はありますか?

大平森林公園にはサイクリングがてらに行きますよ!
自宅からも近く、程よい距離にこんな自然豊かな遊び場があるのは嬉しいですよね。
パティオにいがたやイングリッシュガーデンにも時々行っています。

見附の近隣市町村へはお出掛けされたりしていますか?

見附市外だと、長岡の国営越後丘陵公園などに良く行きます。
見附から近いので行きやすいですよね!
あと、海にも行きましたよ!
寺泊の野積海水浴場へ。30分ほどで行けるので、近いですよね。

子育て以外の毎日の生活の面では、見附市は暮らしやすいですか?

スーパーなどのお買い物は、車を走らせれば何軒かありますし、国道方面へ行けば大型スーパーもありますから、お買い物などに不便を感じた事はありません。
 
通勤も20分ほどと程よい距離ですよね。
ただ、雪道の通勤を体験するのが今年が初めてなので、ちょっと心配ではあります。 でも、主人や義母の話だと、除雪がキレイにされるので、そんなに心配いらないよ・・・という感じでした。

改めて、原さんから見た、「見附に来て良かったこと」を教えてください!

まずは、主人の実家に入り同居をしたことで、大家族になれたことは、子どもにとってとても良いことだと思っています。
 
私自身も安心して仕事をすることができ、キャリアを積むこともできるので、家族はとても心強い存在です。
保育園のクラスは確かに人数は少ないですが、みんなとても仲良く、保育園で参加している「見附祭り」などもとても楽しんでいます。
 
婦人会などで地域の奥様たちと交流できましたし、ご近所には同じくらいの子どもさんも居て、子どもにとっても、働く私にとっても本当にいい環境です。
 
まだ見附に暮らして1年ほどですから、これからもっともっと見附市の魅力を発見できるんじゃないかなぁと思っています。
2017.10.24 Tue

そのほかの記事

近距離起業のススメ ーパンをつくる先に伝えたいものー
今、見附で話題のお店といえば、こちらのPicto(ピクト)さん。「女性オーナー」「フランス... インタビュー
子育て女子会・親子サークル|のびのびに潜入
 先日、 子育て情報ページをアップしましたが、新潟県見附市では行政のサポートだけ... インタビュー
歴史ある食堂を継ぎ、震災をきっかけに新たな業態に挑戦。
若者たちが集える店を!さきがけとなり居酒屋を開店。渡辺さんのしあわせみつけた、移住物語。 ... インタビュー
人気パン屋を経営。見附市に続いて長岡にも店舗オープン。
Uターンし、脱サラしてパンの道へ。山崎さんのしあわせみつけた、移住物語。 (写真は見附市の... インタビュー
夫婦それぞれの楽しみを見つけ、イキイキと暮らす毎日。
定年後に見附に移住。新たな趣味にもチャレンジする後藤さんご夫婦のしあわせみつけた、移住物語... インタビュー
作品作りに欠かせないインスピレーションを求めて。
染色アーティストとして作品作りに打ち込める環境を。河面さんのしあわせみつけた、移住物語。 ... インタビュー