お問い合わせ
インタビュー

作品作りに欠かせないインスピレーションを求めて。

染色アーティストとして作品作りに打ち込める環境を。河面さんのしあわせみつけた、移住物語。

見附市に移り住み、今年で15年目となる河面(こうも)さん。

30年以上染色画アーティストとして活動し、日展などのメジャーな展覧会でも受賞歴のある河面さんが、 それまで住んでいた新潟市からなぜ見附市へと移り住んだのか。

河面さんが「見附でみつけたしあわせ物語」をお伝えします。

ご家族の構成・状況

河面さん、ご主人、ワンちゃんで暮らしている。 2000年の春、新潟市青山(現在の西区青山)から、見附市へ移住。 見附市に親戚がいるわけではなく、見附市を気に入って移住を決意。

河面さんは、見附にご親戚などがいらっしゃるわけではないのに、新潟市から移住されたと伺いました。見附へ引っ越そうと決めた経緯を教えてください。

まず、それまで住んでいた新潟市内のアトリエが手狭になったなぁと感じていたことがきっかけです。

作品づくりに良い環境に移りたいなぁと思っていました。

たまたま、見附のほうには知人もいたのでしょっちゅう遊びに来ていたんです。

そうこうしている時に、「見附で良い物件が空いた」という話を聞いて、「これは引っ越すしかない!」と思ったんです。

ちなみに見附は住宅取得の際もバックアップ体制があるんですよね! 私はたまたま知人から情報を得ていたのでスムーズに良い物件に出会えましたが、 転入したい人にとって住まいを決めるのも一苦労なので、その点のバックアップは有難いんじゃないかと思います。

引っ越すに当たって、不安なことはなかったのですか?

あまり環境の変化が気にならないタイプなので、気にせずに引っ越しちゃいました。

冬は確かに新潟市内よりも雪は多いですが、消雪パイプもあるし、除雪も上手いし早い!!! 屋根の雪下ろしはこれまで1回やったくらいかな・・・不安よりも楽しみのほうが多いですよ!

現在、河面さんにとって楽しみなことってどんなことですか?

染色画を見附市内の方達へ伝える機会を作っていただいたんです。
「染色画を広めたい!」という想いがありましたから、とても良い機会を見附市さんに作ってもらいました。
また、見附市には色んなサークル・講座がありますから、趣味趣向に合わせて色んなチャレンジができますよね。

アーティストとして作品作りには色んなインスピレーションが必要だと思いますが、見附のどんなところ・景色が作品へ影響していますか?

見附では、日常のふとした瞬間瞬間に美しい景色が見られるんです。
例えば、散歩をしている道中のお宅にある庭の草花。春の花盛りの見附市内は本当にキレイです。 それに、市内から見える守門岳。
ものすごく美しいんですよ。
 
そして、見附から少し車を走らせれば、海に山に様々な自然が見られます。
身近に自然を感じれるのは、作品づくりにとても良い環境ですよね。
そして、人々との交流ももちろん、刺激を受ける部分ではありますね。

ご親戚が見附へよく遊びにいらっしゃって、楽しんで行かれるそうですね!

そうなんです。都内に住む親せきが、度々遊びに来るんです。 「これから行くね~」なんて電話があったと思ったら、あっという間に到着しちゃいますからね。
見附と東京は近いなって思います。
親戚が来ると、見附を思いっきり満喫しているようです。
 
私より詳しくなっちゃって。 大平森林公園までジョギングして行ったり。
気軽にジョギングで行けるような距離に、あんな素敵な場所があるなんてビックリしてました。
 
商店街もよく散策しているようで、アイスを食べに谷信菓子店へ行ってみたり。
商店街の雰囲気も気に入っているようですよ。

見附へ暮らしてみて、改めて感じることはありますか?

見附は新潟の「へそ」って言ってますけど、確かにそうだなぁと思います。
海へも山へも、新潟市や長岡へも、30~40分ほど車を走らせれば行けますし、東京も金沢も近い。
放射線状にどこでも行くことが出来て、程よくひなびた駅も好きです。
 
市民に近く、市民のほうを向いた行政だなぁってこともすごく感じている部分ですね。
市長さんの前向きに進める姿勢にはとても期待しているんですよ。
何かやりたい人をバックアップしてくれる態勢があり、わたしのような活動をする者にとっても、ちょうどフィットする住みやすい町なんです。
 
色んな方のお話を聞いていると、やはりその人の生き方・希望にピッタリフィットする。
そんな町なのが見附の特徴じゃないかなって思っています。
無理なく生活できるって、心豊かに暮らすための絶対条件ですもんね。
 
車が無くても生活には困りませんし、熟年の方も安心して暮らせますよ。色々な楽しみを見つけられる町、それが見附の特徴だなぁと思っています。
2017.10.25 Wed

そのほかの記事

近距離起業のススメ ーパンをつくる先に伝えたいものー
今、見附で話題のお店といえば、こちらのPicto(ピクト)さん。「女性オーナー」「フランス... インタビュー
子育て女子会・親子サークル|のびのびに潜入
 先日、 子育て情報ページをアップしましたが、新潟県見附市では行政のサポートだけ... インタビュー
歴史ある食堂を継ぎ、震災をきっかけに新たな業態に挑戦。
若者たちが集える店を!さきがけとなり居酒屋を開店。渡辺さんのしあわせみつけた、移住物語。 ... インタビュー
人気パン屋を経営。見附市に続いて長岡にも店舗オープン。
Uターンし、脱サラしてパンの道へ。山崎さんのしあわせみつけた、移住物語。 (写真は見附市の... インタビュー
夫婦それぞれの楽しみを見つけ、イキイキと暮らす毎日。
定年後に見附に移住。新たな趣味にもチャレンジする後藤さんご夫婦のしあわせみつけた、移住物語... インタビュー
農家へのお嫁入りで、安心して共働きもできる環境に。
お子さんが2歳の時に、ご主人の実家へ引っ越し。 原さんご家族のしあわせみつけた移住物語。 ... インタビュー