お問い合わせ
まんが

みつけまんが26〜30話

 (26)【ゴミ出しパンダ】

 約2年前に見附に帰ってきて、「懐かしいなぁこの看板」と眺めていたら 息子のとんちんかん発言。この頃は「ああ、こういうとんちんかんな発言も年とともに減るんだろうな」と思ってましたが…なかなかどうして増える一方(^^;)

 (27)【みつけの朝猫たち2】

 様子の良い猫に出くわしました。この目力、とくとご覧あれ。この眼光 タダ者ではありません。昼猫はどことなくのんびりまったりしていますが 朝猫はどことなく近寄りがたいオーラがあります。

(28)「みつけの朝猫たち③」
カメラをむけると目を背ける恥ずかしがりやな猫くん。右目が不自由そうだったので、それを撮られたくなかったのかも。ごめんよ、猫くん。


(29)「みつけの朝猫たち④」
視線を感じたんですよ。で、おそるおそる、視線の先を見たら…。霊感の類はまったくない僕ですが、「ついに見た!(しかも早朝)」と思いましたね。なんだ猫ちゃんか…とガックリした後、少しホッとしました。

(30)「新潟の重心点」

ガスタンクの呼び方。我が家じゃ「恐竜の卵」が定番ですが、恐竜の卵にしてはでか過ぎですね(笑)小さな子供のいるよその家ではなんて呼ぶんでしょう。例えば、う~ん・・・「恐竜の卵」しか浮かびません。

2017.11.14 Tue

同じカテゴリーの記事