お問い合わせ
インタビュー

子育て女子会・親子サークル|のびのびに潜入

 

先日、 子育て情報ページをアップしましたが、新潟県見附市では行政のサポートだけでなく、
自主的に運営されている活発な親子サークルが多数あります。

活動団体の一覧ページ

今回は、この中でも葛巻地区ふるさとセンターで、2012年から活動をされている、 子育て女子会・親子サークルのびのびさんに潜入取材をしてきました。

じぶんとつながる時間

毎月3回、テーマを決めて活動しているのびのびの今回の企画は「移住女子座談会&フリーマーケット」。主に結婚を機に、見附に移住されてきた女性ならではの、モヤモヤや、あるあるネタ、また「見附がもっとこんなだったら良いのに…」といった話がポンポン飛び出す、とても自由な場といった印象を持ちました。

まず、部屋に入ると渡されたのはこちらのシート。

「のびのびビンゴ」という、初対面の人同士でもスムーズに自己紹介をしたり会話が弾むよう工夫されたオリジナルツールです。質問内容は「出身地は?」「同居?核家族?」といった基本情報的なものから「最近あなたがハマっていることはなに?」「あなたの夢はなんですか?」といった内面についてのものまであります。普段、子ども優先で考えていると、自分のことを質問されても、パッと答えが出てこなかったりするもの。この記入タイムは、そんな子育て中の女性が、まず自分自身と向き合い、つながる時間づくりを大事にしているのが伝わってきました。

記入中は急かすことなく、じっくり時間をとります。

つづいて交流・座談会タイム

ここからはざっくばらんに交流タイムです。お菓子をつまみながら、初対面の方も、お馴染みの方も一緒にビンゴを持ってお互いのことを話します。取材者(私)も参加させていただいたのですが、実際ビンゴできるかどうか、というのはそれほど重要ではなくて(笑)この時間自体が、ものすごく盛り上がるんですね。まちの情報、出身地のこと、しごとのこと、家のこと、子どものファッション情報などなど、普通に話していたのでは聞き出せないことまで、ビンゴのおかげで知ることができました!中でも、個人的に印象的だったのが、除雪自慢。「うちの地域は、山が近くて雪も多いけれど、除雪テクニックが秀逸」といった、雪国ならではの話題も面白かったです。

フリーマーケットコーナー

子ども服もマタ服(マタニティ服)も一時しか使わず、すぐサイズアウトしてしまうもの。部屋の一角には、こんなフリーマーケットコーナーも設けられていました。

自分が持ってきたものと交換、もしくは1つ50円で購入可能。なんてお得な仕組み!

「これ誰が持ってきたの?」「これすごい子どもがお気に入りだったのー」など、物々交換するだけでなく、ここからも話がはずみます。出されているものは、見てのとおり綺麗なものばかり。それもそのはず。「持ってくる前には洗濯してくること」「おもちゃは壊れていないもの」「マックやガチャのおもちゃはダメ」など、きちんとルールが決まっているのです。

他人の子も分け隔てなく

取材中、「ところでこれは誰のお子さんなのかしら?」という風景に多く出くわしました。

それくらい自然に他人の子も抱っこして、時にはあやして遊ばせている光景が、ごくごく当たり前に行われています。このやり方でこれまで特にトラブルもないのだとか。そんな、お互いに保育し合う、子どもを見守る、という姿勢は、子育てサークルの枠を飛び越えて、市内の中学校にも新たな動きを起こしています。

上の写真は、見附市内の中学校で赤ちゃんを連れて特別授業を行ったときのもの

「きゃーかわいい」「ちいさいねー」と女子中学生の歓声にも似た声が学校中に響いたこの特別授業。男子生徒達も、最初は恐る恐る遠目から眺めていたものの、小さな子どもたちが教室に入るなり、顔から自然と笑みがこぼれていたそうです。核家族、少子化で、親戚や周囲に小さい子がいて、なかなか触れ合う機会も少なくなっていますが、こうした小さな体験の一つ一つが、小さな命を大切に育む気持ちにつながることを願ってやみません。

取材を終えて

このまちの好きなところ、こうなってほしいなどが、いっぱい書かれたボード。

ホワイトボードいっぱいに書かれたのは、参加して下さった移住ママたちの意見。行政の立場からすると耳の痛い話もあるのですが、そもそもこれってすごいことじゃないか、と思います。東京に住んでいれば(東京に限らずかもしれませんが)住むまちに不満があれば、別のまちに引っ越せばいいだけで「自分が住んでいるまちをこうしたい」とか、「市に希望を伝えてみよう」とかそもそも考えもしないと思うんです。まちに関わる主体性や、行政への期待が高い、というのも見附の特徴のひとつなのかな、などと考えつつの帰り道でした。


子育て女子会・親子サークルのびのび

Emailアドレス:nobinobi.mitsuke@gmail.com

URL:https://www.facebook.com/nobinobi.mitsuke/

会員数 20人(自由参加型)

会費(講座・イベント内容により決定)0円~1000円/回

2017.12.20 Wed

同じカテゴリーの記事